生クリーム入り食パン×2





味は非常によかった
バター抜き、水分量減らして生クリーム使った(チーズケーキ用に買ったものの残り)
釜伸び足りないけどまあよし(発酵不足?)

今回うれしかったことは「2斤一度に焼ける」こと。
わたしのオーブンはレンジのオーブン機能で最高200度までしか上がらない。
(しかも200度は10分しか持たない)

なるべくオーブンは夜間電気料金に切り替わってから使用したい。
うまく発酵時間を見計らって23:00から焼き始めて、
食パンなら約40分の焼き時間、×2だと80分起きていなければならない。
冬だときついので2斤一気に焼きたいんです。寒い。眠い。

これなら翌日実家に行くときでも自分用と実家用と焼けるわなぁと思いました。
ちょっとしゃべりすぎたのでもうやめます。



人気ブログランキングへ


出品予定本ご紹介。


『きつねのよめとり』 大友康夫 福音館 1990年

人間の女の子がきつねにそそのかされて、きつねに嫁入り!?というお話。そそのかされる場面がなんだか不思議なのです。そしてこの本の最大の特徴は、




本の中身と表紙・裏表紙が天地さかさまになっていること。
この本だけの製本ミスでしょうね。
(わかりにくい写真でスミマセン)

本棚にしまうときにどちらを上にしていいものか…
何とも悩ましい一冊。新刊書店で入手不可。




文庫を数冊。

諸国空想料理店 (ちくま文庫)

万里子の色鉛筆 (朝日文芸文庫)

女湯のできごと (知恵の森文庫)

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))


高山なおみさんの本は、短いエッセイにレシピがついていてお得です(笑)。太田治子さんの文章はどこか怖い。そこまで書いちゃうのかというところまで、夫婦の擦れ違いや子供への感情を書いてしまうところが驚きです。益田ミリさん、銭湯のお話なので銭湯好きはぜひ!『夏への扉』は、もう紹介しすぎていますね。おすすめSFです。猫好き必読。





ではでは、今日の日記の更新もこれからやってしまいます。


人気ブログランキングへ


おしりねこバッグ、新作追加(?)




マチなしトート。裏地(マトリョーシカ柄)つき。


以下、長いのでたたみます。

続きを読む

恒例のもすバッジ、新作できました。


エンブレム風ビビネコバッジです。
なかなかシックでいいんじゃないでしょうか。
ぼうしにつけたりパーカーにつけたりバッグにつけたりするとかわいいと思います。



そして今日の本はこちら。

最近、にわかに手芸部活動をしていました。
部とはいえ、電車で2時間ほど移動しないと友達はひとりもいませんので一人の活動です。
「部」っていったほうがやる気が出るからです。


そして一箱古本市で売ってみることにしました。


「もす文庫オリジナルおしりねこバッグ〜早くOLになりたい〜」
(略しておしりねこバッグ)


※職人(わたし)がおしりねこの刺繍を一点一点てがけました。OLさんが、お昼にお財布とハンカチ、ティッシュと口紅を入れてランチに行くのに最適な大きさで作成。一人きりの時間を楽しみたいあなたに、文庫本とハードカバーが入る2タイプをご用意。






おしりねこの刺繍です










家の中でポケットティッシュの収納に使ったり、赤ちゃんのおむつ収納に使ったり、ビニール袋入れにしたりなど、その用途無限大!(自分で言っててそろそろつらくなってきました)。あと、出来上がって気づいたのですが「犬の散歩のときに使う○○○バッグ」として最適な大きさ……なのでそんな用途もありです。

売れるか心配です。心配のあまり口内炎ができました。





そして本。

佐々木マキさん6冊。

てんをおしあげたはなし こどものとも2007年11月号(ペーパーバック版)
くった のんだ わらった―ポーランド民話 (こどものとも傑作集)(ペーパーバック版)
まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)(ペーパーバック版)
怪盗スパンコール「さらば黄金ガイコツ」 佐々木マキ 収録 「おおきなポケット」1994年11 月号
ぼくがとぶ (こどものとも傑作集)
へんなどうぶつ みつけたよ


佐々木マキさんの絵、昔のになると少しタッチが違っているように見えます。『ぼくがとぶ』はおすすめ。画面いっぱいの絵が美しく、衝撃のラストシーンが(けっこうシュールです)!「てんをおしあげたはなし」は中国のおはなしのようなのですが、何ともダイナミックな地球創世の物語。「くったのんだわらった」はポーランド民話なのですが、ひばりの目が眠そうでかわいい。「怪盗スパンコール」、お探しの方お見逃しなく。








堀内誠一さん3冊。
ぐるんぱのようちえん(ペーパーバック版)
たろうのともだち(ペーパーバック版)
きこりとおおかみ (こどものとも傑作集)(ペーパーバッグ版)


ぐるんぱとたろうの絵本は有名どころだけあってわかりやすく読み聞かせに最適かと思います。絵がなつかしい雰囲気なのがたまりません。
そして「きこりとおおかみ」、これは現在新刊書店で入手不可なのが残念!おおかみが襲ってくる場面が迫力あってすばらしいのです。



秋も一箱古本市の当日にぜひお手にとってごらんください。








ばんごはんは、ごぼうとながねぎのにゅうめん。





人気ブログランキングへ